CYBERNET SYSTEMS CO.,LTD. All rights reserved.

ANSYS、ならびにANSYS, Inc. のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc. またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。本ウェブサイトに記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示((R)、TM)を付記していません。CFX is a trademark of Sony Corporation in Japan. ICEM CFD is a trademark used by ANSYS under license. LS-DYNA is a registered trademark of Livermore Software Technology Corporation. nCode is a trademark of HBM nCode.

温度解析

スイッチのオン/オフを考慮したヒートシンクの伝熱解析

スイッチのオン/オフを考慮したヒートシンクの過渡伝熱解析です。リアルタイム解析ツールANSYS Discovery Liveで、時々刻々と変化する荷重の設定が可能になりました。スイッチのオン/オフが簡単に設定できることで、変化していく温度状態をリアルタイムで観察できます。様々な運転状況下におかれた製品の解析に柔軟に対応します。

ヒートシンクの伝熱解析_材質の選定

09.17.2019

ヒートシンクの伝熱解析です。ANSYS Discovery Liveでは指定した2箇所の結果の差を簡単に取得することが可能なため、温度の高い部分と低い部分でどれくらいの温度差があるかを手軽に観察できます。材質を変更すると瞬時に結果が更新されるので、多くの材質を検討することが可能です。

3D CADとANSYS Discovery Liveの連携(CATIA編)~放熱フィンの伝熱解析

10.23.2018

ANSYS Discovery Liveは、搭載されているモデリング機能で形状変更するだけでなく、3DCADで形状を変更して解析モデルを更新することもできます。形状が変更されても解析条件はそのまま維持されるため、すばやく再解析できます。
この解析例ではCATIAとDiscovery Liveを用いて、放熱フィンの形状を更新しながら伝熱解析を行なう様子をご覧いただけます。

LED照明の伝熱解析

10.23.2018

LED照明の過渡伝熱解析です。LED素子が発熱したときの周囲の部品への熱の伝わりを観察できます。ANSYS Discovery Liveなら、複数の部品からなるアセンブリもメッシュにわずらわされることなく一瞬で解析。放熱フィンの形状を変更しても、直ちに結果が更新されます。

放熱フィンのパラメトリック伝熱解析

09.20.2018

放熱フィンの大きさや本数を変化させたときの、温度や体積の変動を観察しています。108個もの設計ポイントをDiscovery Liveなら、たった5分で解析できます。動画には早送りなどの編集は一切ありません。異次元の解析スピードをご覧ください。

基板の伝熱解析

05.23.2018

基板の伝熱解析事例です。Discovery Liveは条件を設定した瞬間に温度分布結果を見ることができます。冷却用のフィンを追加したり、フィンの材料を変更した場合であっても一瞬で温度分布が得られます。(この動画では早送りは一切行なっておりません)

自動車ヘッドランプの放熱解析

05.09.2018

自動車のヘッドランプから発せられる熱を効率的に逃がす放熱フィンの形状を、伝熱解析を利用して検討しています。Discovery Liveならフィンの形状や枚数を変えたときにも一瞬で結果が得られ、設計の指針作りに役立ちます。

ラティス構造を持つフィンの放熱解析

02.28.2018

冷却用のフィンをラティス構造として表面積を大幅に増やしたときに、どのぐら いの冷却性能が得られるかを解析で確認しています。メッシュレス手法を採用するDiscovery Liveなら複雑な形状でも一瞬で解析結果が得られます。

モールド金型の冷却解析

02.28.2018

金型を効率よく冷却する方法を検討する過渡伝熱解析です。Discovery Liveなら冷却水管の形状や配置を変更すると直ちに温度結果が得られます。

CPUクーラーの放熱解析

02.28.2018

発熱するCPUの冷却効率を検討する定常伝熱解析です。Discovery Liveなら放熱フィンの形状を変更して表面積を増やした効果もすぐに把握できます。

ヒートシンクによる温度分布変化(ショートバージョン)

02.28.2018

ヒートシンクにおける熱の広がりを考慮したシミュレーションを驚くほど簡単に再現しています。
解析の種類や材質の選択、熱源の位置と熱量の設定を瞬時に行い、リアルタイムに熱の広がりが可視化されます。
また、ヒートシンクの形状変更や材質の変更も容易に行うことができ、設計変更が与える影響をその場で確認することができます。

ヒートシンクによる温度分布変化

02.28.2018

ヒートシンクにおける熱の広がりを考慮したシミュレーションを驚くほど簡単に再現しています。
解析の種類や材質の選択、熱源の位置と熱量の設定を瞬時に行い、リアルタイムに熱の広がりが可視化されます。
また、ヒートシンクの形状変更や材質の変更も容易に行うことができ、設計変更が与える影響をその場で確認することができます。

Please reload