CYBERNET SYSTEMS CO.,LTD. All rights reserved.

ANSYS、ならびにANSYS, Inc. のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc. またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。本ウェブサイトに記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示((R)、TM)を付記していません。CFX is a trademark of Sony Corporation in Japan. ICEM CFD is a trademark used by ANSYS under license. LS-DYNA is a registered trademark of Livermore Software Technology Corporation. nCode is a trademark of HBM nCode.

応力解析

トポロジー最適化結果のCAD変換(ベータ機能)

05.26.2019

Discovery Liveにはトポロジー最適化解析で得られた最適化形状をファセットで出力し、さらにサーフェスで構成されるCADモデルに変換する機能が備わっています。さらに形状修復機能によりソリッドモデルを構築することもできます。ファセットと比べて、他の3DCADでの取り扱いが格段に容易になります。

トポロジー最適化_複数荷重ケース(ベータ機能)

09.17.2019

リアルタイム解析ツールANSYS Discovery Liveに「トポロジー最適化(位相最適化)」機能が正式に加わりました。荷重条件を設定すれば、最適に軽量化した形状を自動的に求めてくれます。最新バージョンでは複数の荷重が加わる条件にも対応できますので、例えば圧力とモーメントが順番に加わるような場合でも、簡単な設定で手軽に最適形状を求めてくれます。

トポロジー最適化解析(ベータ機能)

02.12.2019

リアルタイム解析ツールDiscovery Liveに一種のAI(人工知能)である「トポロジー最適化(位相最適化)」機能が加わりました。荷重条件を設定すれば、最適に軽量化した形状を自動的に求めてくれます。

発生応力も同時に計算されるので強度のチェックも可能。最適化した形状データもすぐに取り出せます。(現在はベータ機能ですが、今後正式機能として提供される予定です)

回転による遠心力を受けるプーリーの構造解析

11.04.2018

プーリーのような回転機械部品は、自身の回転により生じる遠心力荷重を受けます。Discovery Liveなら回転速度を入力すれば自動的に遠心力荷重に換算して、一瞬で応力や変位を計算します。様々な環境下におかれた機械部品の解析に柔軟に対応します。

トラクター後方車軸ケースの構造解析

11.04.2018

トラクター後方車軸ケースにモーメント荷重を加えたときの応力状態を観察しています。Discovery Liveなら多数の部品が含まれるアセンブリモデルも特別な設定無く一瞬で解析できます。面倒なメッシュ作成も必要ありません。

3D CADとANSYS Discovery Liveの連携(NX編)~梁の曲げ解析

10.23.2018

ANSYS Discovery Liveは、搭載されているモデリング機能で形状変更するだけでなく、3DCADで形状を変更して解析モデルを更新することもできます。形状が変更されても解析条件はそのまま維持されるため、すばやく再解析できます。
この解析例ではNXとDiscovery Liveを用いて、梁の断面形状を更新しながら構造解析を行なう様子をご覧いただけます。

ホルダーのパラメトリック構造解析

09.20.2018

ホルダーのリブはどのような形状が有利なのかを調査しています。パラメータの水準を設定すれば、自動的に形状が変わり、すぐさま解析結果が得られます。圧倒的な解析スピードを誇るDiscovery Liveなら多数の設計案もストレスなく解析できます。

浴室排水口蓋の強度解析

05.16.2018

浴室の排水口蓋に人の体重がかかったときの強度を調べる事例です。解析機能とモデリング機能を統合したDiscovery Liveなら、荷重をかける位置を変更しながら、インタラクティブに解析結果を観察できます。

アシストグリップの強度解析

05.16.2018

アシストグリップ(自動車の天井についている車体が揺れた時につかまる取手)の強度解析を実施しています。Discovery Liveなら荷重条件を変更しても直ちに結果を見ることができ、数多くの検証を可能にします。

ベルハウジングの応力解析

02.28.2018

STLデータを読み込んで構造解析を行います。欠落面や自己交差などの問題があっても、Discovery Liveならモデルを修正せずにそのまま解析できます。

ブラケット形状変更応力(ショートバージョン)

02.28.2018

本動画ではブラケットに掛かる力による変形量と方向を考慮したシミュレーションを驚くほど簡単に再現しています。
解析の種類や材質の選択、固定面の設定、流れの入り口と出口選択等を瞬時に行い、リアルタイムにブラケットに掛かる力と変形が可視化されます。
また、ブラケットの形状変更も容易に行うことができ、設計変更が与える影響をその場で確認することができます。

ブラケット形状変更応力

02.28.2018

上記のロングバージョンです。

フィレット径の変更によるミーゼス応力の変化

02.28.2018

フィレットや穴の径を変更するとそれに応じて応力が変化します。その変化をグラフで観測することができます。

穴あきH型鋼のパラメトリック曲げ変形解析

02.28.2018

曲げ変形をするH型鋼に穴を開けたときの変形や応力の変化を観察します。穴の位置や数をパラメトリックに変更するたびに、結果がただちに得られます。

ラティス構造の応力解析

02.28.2018

STL3Dプリンタでは、物体内部を骨組みのようなラティス構造として軽量化を図った形状も造形できます。メッシュレス手法を採用するDiscovery Liveは、内部の複雑な構造を意識せずに素早く解析を実行できます。

異種材料からなるアセンブリの構造解析

02.28.2018

Discovery Liveは複数の材料の解析にも対応しています。材料を変更すると、新しい材料で評価した結果がすぐさま表示されます。

面が一部かけているSTLの応力解析

02.28.2018

面が完全に閉じていないSTLデータでも、メッシュレス手法を採用するDiscovery Liveなら自動的に欠落面を補って解析を実行します。ジオメトリを修正する必要がありません。

クラッチハウジングの応力解析

02.28.2018

アセンブリの解析では、部品間の接触が自動で定義されます。応力結果を観察し軽量化方法を検討します。形状を変更すれば、Discovery Liveは直ちに解析結果を出力します。

Please reload