CYBERNET SYSTEMS CO.,LTD. All rights reserved.

ANSYS、ならびにANSYS, Inc. のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc. またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。本ウェブサイトに記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示((R)、TM)を付記していません。CFX is a trademark of Sony Corporation in Japan. ICEM CFD is a trademark used by ANSYS under license. LS-DYNA is a registered trademark of Livermore Software Technology Corporation. nCode is a trademark of HBM nCode.

作っては壊す。

2018-7-04

 

子どもは大好きブロック遊び、みなさん大人になってからやりますか?

 

先日、二歳の娘とブロックで遊んでいて、「○○を作って」というお題に従い、一生懸命作成。

 

娘はひとしきり遊ぶと躊躇なく壊して、「次は○○!」。作った方は「時間をかけてがんばって作ったんだからもう少し名残を惜しんで…」などと思ってしまいますが、お構いなしです(笑)

大人になるとすでにあるものに未練が出てしまい、「壊して次に行くこと」がなかなかできなくなってしまいますね。子どもの「どんどん楽しい・新しい・かっこいい方へいってみる」感覚、とても大事だなと再認識しました。

古いものに拘らず、新しいアイデアをどんどん試す。

 

開発現場では「新規開発」の場合もあれば「設計変更」の場合もあると思います。

 

例えば、以下の動画はバイクのヘルメットの変遷を紹介した動画です。

古くは布製(!)のものからはじまり、硬い外殻を持ったものへ、そしてより安全に、より軽く、より快適に使えるものへと進化していきます。

しかし、新しいアイデアの可能性を試すのは実はなかなか難しいもの。

 

実際に作ってみる試作や実験もその手段の一つですが、それにはお金も時間がかかります。先ほどのヘルメットも布製から硬い外殻を持ったものに変わるまでは40年以上かかっています。

そんな時に頼りになるのがシミュレーションです。

 

設計者CAEである『ANSYS Discovery Live』はまさに新しいアイデアを試すために生まれたソフト。形状も条件も、変更すればすぐに結果が得られます。

まずはセミナーやトライアル版で、子どものようにワクワクしながら新しいものを創る、そんな素晴らしい時間をぜひあなたも再体験してください!

 

いいね!
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square