CYBERNET SYSTEMS CO.,LTD. All rights reserved.

ANSYS、ならびにANSYS, Inc. のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc. またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。本ウェブサイトに記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示((R)、TM)を付記していません。CFX is a trademark of Sony Corporation in Japan. ICEM CFD is a trademark used by ANSYS under license. LS-DYNA is a registered trademark of Livermore Software Technology Corporation. nCode is a trademark of HBM nCode.

特長と機能

​これまでの解析とは次元がちがう圧倒的なスピード

​設計で思いついたアイデアや改良はすぐに検証したい。すべての設計者はそう思っているはずです。その検証方法のひとつとして解析があります。

 

解析は設計とは独立した作業です。設計と解析とでは、必要なスキルは別、使うツールも別です。そのふたつの世界をANSYS Discovery Liveは統合しました。

 

ANSYS Discovery Liveの特筆すべき特徴は、そのスピードです。CADモデルの形を変えると応力や流れが瞬時に変わります。これまでの解析の概念が変わります。


そのスピードの秘密は、GPU(Graphics Processing Unit)という主にコンピューターの画像処理を受け持つプロセッサです。ANSYS Discovery LiveはこのGPUを有効利用して、桁違いのスピード処理を行なっているのです。

​簡単・柔軟・堅牢、三拍子揃った設計のための道具

3次元CADのコマンドのひとつのように、シミュレーションの実行と確認ができます。3次元CADをお使いであれば簡単に操作できます。

 

また構造強度を検討したモデルをそのままで流体解析に使うことができる柔軟性を持っています。

 

そして何より堅牢なソルバーを備えています。

構造も空間もメッシュ分割は一切不要。3次元スキャナーで読み込んだ穴の開いているような不完全なモデルでも解析の実施と結果の確認ができます。

 

設計者の思考を妨げない、簡単、柔軟、堅牢、三拍子が揃っています。

​設計のアイデアの探求に必要十分な解析機能と拡張性

ANSYS Discovery Liveは、設計のアイデアの探求と確認に必要にして十分な解析機能があります。強度、振動、温度、流体の各機能で設計のアイデアの探求と確認を行なうことができます。


設計の達人の目には、解析をしなくても感覚的に製品の応力や気体/液体の流れが視えるといいます。ANSYS Discovery Liveは設計の達人の目の役割をあなたに提供します。

 

形状の変更に追従して、応力や流れがリアルタイムに変化し、設計者のアイデアの妥当性を素早く可視化します。

構造解析

振動解析

伝熱解析

内部流体解析

外部流体解析

ANSYS Discovery Live

設計アイデアの探求と確認

ワークベンチ

流体

ANSYS AIM

ANSYS

構造

電気

設計の妥当性の検証

ANSYS Discoveryは、その他のANSYS製品ラインとの親和性も抜群です。

より詳細に設計の妥当性の検証をしたい場合は、ANSYS AIMの出番です。

統一されたユーザー・インターフェイスでANSYS Discovery Liveよりもさらに高度で高精度の解析をおこなうことができます。

ANSYS AIMは、ANSYS Workbenchという「解析作業台」でANSYSのフルセットとつながります。

ANSYS Discovery Live、ANSYS AIM、ANSYSの一連の流れは、シームレスにつながり、解析の資産を有効利用するためのプラットフォームとなります。

設計の性能の検証

​機能と対応フォーマット

ANSYS Discoveryで実現できる機能と対応フォーマットを一覧表でまとめました。​