CYBERNET SYSTEMS CO.,LTD. All rights reserved.

ANSYS、ならびにANSYS, Inc. のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc. またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。本ウェブサイトに記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示((R)、TM)を付記していません。CFX is a trademark of Sony Corporation in Japan. ICEM CFD is a trademark used by ANSYS under license. LS-DYNA is a registered trademark of Livermore Software Technology Corporation. nCode is a trademark of HBM nCode.

設計お役立ち資料

​設計ご担当者様向けの資料や、ANSYS Discovery製品のご紹介資料などをPDFでダウンロードしていただけます。

ぜひお役立てください。

※サイバネットシステムの別サイトからのダウンロードとなります

​フロントローディング実現に期待と需要が高まる「設計者CAE」の現状と今後の展開

フロントローディング実現のために多くの企業は3次元CADとCAEの導入をしていますが、CAEの方は、その手間やエラー問題などで、「設計者に敬遠されがち」という課題を抱えています。

本資料では、設計者CAEが真の「設計ツール」として使われるようになるために満たすべき要件や、設計者CAEの導入・運用を成功させるために必要なポイントについて解説いたします。(PDF4ページ)

機械設計者がCAEで失敗しない8つの重要ポイント

いまや、CADと並ぶ重要な基幹ツールと言っても過言ではないCAE。設計者が使うツールとしても、徐々に定着しつつあります。しかし、設計者にとっては「解析」は業務のごく一部。解析を知らない人でも扱えるような簡単な操作の設計者CAEが登場している一方で、自分で出した解析結果の合否判定ができない設計者がいるのも事実です。

判断ミスにより後工程に影響が出てしまうことを防ぐために、CAEを活用する設計者は、自身の解析にチェック・ポイントを設ける必要があります。本資料では、設計者ができるだけミスなく解析を行うために最低限必要なチェック・ポイントをご紹介しています。(PDF5ページ)

マンガでわかる!ANSYS Discovery Live【構造解析編】

ある若手設計者は、デザインレビューで出たみんなの意見や解析課からのフィードバックに対応するのに大忙しで、毎日残業ばかり。どうやら原因は根本的な設計の進め方にあるようですが…?

ANSYS Discovery Liveがその真価を発揮する設計部門での活用について、マンガでわかりやすく解説いたしました。(PDF8ページ)

マンガでわかる!ANSYS Discovery Live【流体解析編】

流体解析は思いのほか時間がかかるもの。解析課に無理を言って急ぎの依頼をした設計者ですが、解析結果を待つ間に打ち合わせは進み、設計の要件はどんどん変わってしまい…?

設計段階での素早い判断をサポートするANSYS Discovery Liveの使い方を、マンガでわかりやすく解説いたします。(PDF8ページ)